「SMC TAKUMAR 50mm F1.4」を買った足で、中崎町撮影

前回の「オールドレンズ「SMC TAKUMAR 50mm F1.4」を買いました。」の後から少し間が空いた。
実は買ったその足で、中崎町へ行ってパシャパシャと試写していました。
撮影ブログを続けるという目標が崩れそうになりましたが改めて書き始めます。

買ってすぐ、たまらなくなって撮りに行く。

久々に新しいレンズを買って「試したい!」という気持ちが抑えられなかった。
ロフトでレンズを買って、ロフト横でレンズを付け替えて、その足で省みとは逆方向の中崎町へ歩き出していた。

中崎町

α7II + SMC TAKUMAR 50mm F1.4

印象が違いすぎる。
今までは、レンズをAFで使い、基本パンフォーカスで撮影していた。
今回のレンズは逆だ。絞り開放がF1.4と凄く明るい。つまりドッロドロにボケる。
そしてMF。おっと思った瞬間にシャッターをきるのではなく、ちょっと待ち伏せして機会を待つ。
そして焦点距離も違う。いつもの感覚で近づくと画面いっぱいに写ってしまう。3~5歩後ずさりをして想像した画角に近づく。
何から何まで自分の体が付いて行っていない。。。

中崎町

α7II + SMC TAKUMAR 50mm F1.4

明るいレンズがずっと使ってみたかった。
そしてやっと使えた。
気付いたことがあった。
今まではいつも光が欲しかったが、このレンズのように明るすぎる条件で撮ろうとすると、光が多すぎて対策が必要になることがあるんだと。
生まれて初めてNDフィルターが欲しいと思った瞬間。

中崎町

α7II + SMC TAKUMAR 50mm F1.4

オールドレンズと呼ばれるこのレンズ。
レンズ自体の個性はよく知らない。
放射線を発しているというくらい。
でも結局、個性なんて比較的でしか無い。比較するものがなければ分からない。
「FE28mm F2」と比較すると、このレンズはシャープが細く色乗りが少し軽い。
そして、逆光耐性がほとんどない。少しでも太陽が入ろうものなら全体がフワッとする。

思っていたほどの個性はない。
コイツはコイツで、その次代には優等生レンズと言われていたのかもしれない。

撮らされている気持ち。

どうしても慣れないからか、レンズに撮らされている気持ちになる。
おしゃれな写真なんて撮りたくもない。

中崎町

α7II + SMC TAKUMAR 50mm F1.4

夕立が降った。
神様が「とりあえずもっと撮れよバーカ」と煽ってきた気がする。

ムカついたから、気持よく撮ってやった。

中崎町

α7II + SMC TAKUMAR 50mm F1.4

雨は好きだ。
街に艶が出る。

今日はここまで。

ほなの!

今回の”さんぽ”のまとめ

ふわっとキレイな写真なんて媚びてるようで嫌だ。
男は黙って「広角、モノクロ、パンフォーカス」!
そして、被写体に喜ばれる写真!

よし初心に帰ろう。
技術やTIPSの写真ブログはくさるほどある。
自分が感じた気持ちを綴るブログにします。