Film Space Chronos(フィルムスペース クロノス)で「家庭教師ヒットマンREBORN!」のコスプレ撮影

初めてのスタジオ「Film Space Chronos(フィルムスペース クロノス)」(以下、クロノス)で、「家庭教師ヒットマンREBORN!」のコスプレ撮影をしてきました。

が、初めてのスタジオだったので恐る恐る現地へ向かいました。

Film Space Chronos(フィルムスペース クロノス)

クロノスは大阪の住之江区にある共有型スタジオです。場所は割と辺鄙なところにあり、車じゃないとキツイ。

レイヤーさんは「北加賀屋駅」からタクシーで来ていました。

港湾の工場地帯の奥にあるので、周りの工場は「ごぉおおお」っと何かしらの作業をガンガンしていました。

中に入ると「すげぇ、、、」の一言。廃墟系らしいですが、アイドル撮影ができるステージや水撮影が出来るフロア、白ホリや瓦礫など様々なスペースがあります。

入っただけで妄想が膨らむスタジオでした。めちゃ楽しい!

ただ、注意点が3つ程あります。

寒い(暑い)

今の季節、中に空調はなく寒かったです。

夏はあのままだとクッソ暑いのかもしれません。特にレイヤーさんは待機や順番待ちの時にちょっと羽織れるものを用意しておくことをオススメします。

ケガ注意

廃墟系なので当然ですが、割れたブロックなどの瓦礫が散乱していたり、高い場所へ登れるようになっています。

上げ底ブーツなどで足元が不安定だったり、多少の露出があるレイヤーさんは、特に注意してください。

暗い

良い点でもあり、難しい点でもあります。

他の光が混ざらないので、ちゃんとライティングさえすればきれいに撮影できるのですが、基本何も使わなければ真っ暗状態。自由に使える定常光のソフトボックスが各フロアに用意されていますが、基本みんな使いたいので、借りられるのは1灯が限界かも。僕は2灯持っていきましたが「4灯は欲しいな…」と思ったのが正直なところです。

【Film Space Chronos(フィルムスペース クロノス)】
http://chronostudio.jp/

特筆すべきは、スタッフさんがめちゃいい人たち
気配り、目配りはもちろんのこと、「手伝いますよ」と声をかけてくれて、水撮影のお手伝いもして頂きました。初めて「ここめっちゃ良い!また来る!」と思ったスタジオです。超おすすめ!

今日の写真

キャラ:マーモン
コスプレイヤー:みくさん

キャラ:ベルフェゴール
コスプレイヤー:ややさん

キャラ:入江正一
コスプレイヤー:みくさん

今回の撮影

メンバー

コスプレイヤー:3人
カメラマン:1人

使用機材

カメラ:α7II
レンズ:Vario-Tessar T* FE24-70mm F4 ZA OSS
ストロボ①:Nissin i60A
ストロボ②:Nissin Di700A
ディフューザー①:アンブレラ110cm&アンブレラディフューザー
ディフューザー②:ソフトボックス60×60cm&グリッド
その他:Nissin Air1、カラーフィルター、スタンド×2、レンタルの定常光、
現像ソフト:Adobe Lightroom

i60Aがあと2つ欲しい!