GRⅡ片手に、梅田から西成あいりん地区まで

写真展に出品することになって、焦りだしました。

いても立っても居られず、梅田へ。

そこからテクテク西成あいりん地区へ写真さんぽ。

梅田中崎町からスタート

いつものように中崎町からスタート。

この日は人が多かったものの、猫様へのあいさつ回りで1匹しか出会わない不運な日でした。

2周ほどグルっとさんぽをして、南へ。

あいさつ回りは欠かさずに!

淀屋橋から心斎橋へ

淀屋橋、北浜、中之島あたりは文化財の建物がたくさんあります。

上記の写真は、大阪市役所の裏手にある大阪府立中之島図書館

1904年(明治37年)に建てられた歴史的な建物です。

土日は観光地としても人で賑わっています。

スッと雑踏が消える休日のオフィス街は、都会のオアシスです。

心斎橋

心斎橋にも古くからある建物があります。

中でも大阪農林会館には、セレクトショップや雑貨屋が入っているのでフラッと入るのにおすすめの場所です。

僕が大阪で西成と同等に好きな場所が、心斎橋の宗右衛門町です。

このゴチャゴチャ感がたまりません。

日中でも深夜でも楽しめる眠らない大阪の繁華街です。

道頓堀もあって色んな表情が楽しめる最高の場所です。

日本橋

西の電子街(ヲタク街)と言えば日本橋。

ミナミに来たときは必ず立ち寄ります。

アニメやゲーム、漫画、そしてカードショップなどが密集している場所です。

昔ながらの電気店の一面もあり、その場所は良い感じに廃れている場所なのでおすすめです。

この日は思っていたより日本橋は賑わっていました。この場所、夜になると中々のゴーストタウンです。

日本橋から一気に西成あいりん地区へ

日本橋まで来たら西成はすぐそこ!

10分ほど歩くと、通天閣があり、そのまま西成へ一気に行くことが出来ます。

歩くのが辛い方は恵美須町から阪堺電車と言う路面電車(チンチン電車)に乗って今池駅まで、旅行気分をお楽しみください。

意外と路面電車は楽しいですよ!

さて、西成あいりん地区へ着いたらまずはグルッと一周。

通称三角公園や四角公園と呼ばれる公園で座って一服するのが僕のルーティンです。

ちなみにどちらでも炊き出しはやっていますが、公衆テレビがあるのは三角公園の方なのでお間違えなく。

日本一のドヤ街「あいりん地区」から見える日本一高いビル「あべのハルカス」。

このコントラストはたまりません。

絶対あっちからあいりん地区を見たくない。

今度行ったら、炊き出しをやってるNPOの人たちに話しかけてみます。

今日の感想

やっぱり大阪を撮るなら、宗右衛門町(心斎橋付近)とあいりん地区は外せないと実感しました。