はじめてのストフェス(日本橋ストリートフェスタ)の歩き方

日本橋ストリートフェスタ

この記事は今回の「第13回日本橋ストリートフェスタ2017(以下、ストフェス)」と例年のストフェス経験をベースに、コスプレカメラマンとして書いた記事です。

ストフェスは大阪の電子街「日本橋(にっぽんばし)」で行われる、年に一度のお祭です。

本来は地域としてのお祭ですが、コスプレ撮影会の色がめちゃくちゃ強くなってきており、ほぼコスプレの祭典と化しています。

僕のコスプレ撮影デビューもこのストフェスでした。

参加しはじめてもう5回目になりますので、その傾向と対策、そして予想をまとめたいと思います。

基本

まずは「いつ」「どこで」「どうやって」をおさえておきましょう。

日本橋ストリートフェスタ

いつ

今年2017年のストフェスは、3月19日(日)に行われます。

毎年、3月の20日前後に開催されています。

またイベント時間は、コスプレ撮影に限って言えば、11〜17時までです。
※更衣室利用は10〜17時まで

あと、フライング撮影をされている方が結構いますが、運営の方に迷惑をかける事になるのでやめておきましょう。

その他のイベントが気になる方は、それぞれのタイムスケジュールを確認しておきましょう。

その他イベントのスケジュールはこちらから↓
http://nippombashi.jp/festa/2017/event2.html

どこで

例年は特にコスプレ撮影の場所は決められていませんでしたが、今年からはしっかり決められています

ホコ天の堺筋で撮影はできなくなりました。

今年の決められている撮影場所は2ヶ所です。

日本橋ストリートフェスタ

日本橋商店会

ここは個人的によく訪れますが、お世辞にも広い場所ではありません。

3人がすれ違えるかどうかの道幅です。
※メインストリートは除く

カメラマンとしてもレイヤーさんと撮影距離が取れないですし、人が溢れそうなのでこちらはサラッと下見だけかなと思います。

なんばカーニバルモール

今年の本命の撮影可能エリア。

商店会に比べグンと広くきれいな場所です。

そして女子更衣室がある「Zeppなんば」からはこちらのほうが近く、行きやすい場所にあります。

ただ、例年の人数がこちらに押し寄せると考えると、こちらも、Zeppなんばも大混雑の予感です。

これは未確認ですが、コスプレ参加証リストバンド&カメラ参加証ストラップ保有者のみのエリアになれば良いなと思います。

こればかりは願うばかり。

また、日本橋商店会からも近いので10分以内に迎えそうなのでフラフラと往復しても楽しめそうです。

マップの詳細はこちらから↓
http://nippombashi.jp/festa/2017/contents01.html

どうやって

これは2年前くらいから誕生したように記憶していますが、コスプレや撮影をするには「コスプレ参加証リストバンド&カメラ参加証ストラップ」の購入が必須です。

正直、運営の方と来場者の人数に差がありすぎて、機能していませんが、、、

持っていなくてもコスプレや撮影はできますが、これはコスプレ文化とストフェスを守るためにも購入しておきましょう。

下記のリンク先にて当日でも購入可能です。

コスプレ参加証リストバンド&カメラ参加証ストラップ販売店舗はこちらから↓
http://nippombashi.jp/festa/2017/contents01.html#cos3

去年との違い

3点の変更点がありました。

コスプレ撮影可能エリアの設置

これは前記したとおりです。

今年のストフェスからはしっかりコスプレ撮影可能エリアが決められています。

このエリア外で撮影していると、運営さんから怒られますし、収拾がつかなくなってしまうので絶対に決められたエリアだけで撮影を行いましょう。

コスプレ撮影のイベント時間

今までエリアが設置されていなかったので、堺筋のホコ天が解除される時間でイベント終了でした。

しかし今年はエリアが分けられているので、ホコ天が解除されても堂々と撮影することが出来ます。

例年、そして今年もホコ天は12〜15時までで、実質イベント時間は3時間しかありませんでした。

今年から設置されたコスプレエリアは、11〜17時までで、更衣室が10時から使用可能となっています。

場所は狭くなったかもしれませんが、時間はグンと長くなりました。

オタロード沿いのタイムズがイベントスペースに

去年、オタロード沿いにあるでっかいタイムズは、痛車モーターショーと化していました。

それはそれで楽しい場所でしたが、今年からは「タイムズ広場」というイベントスペースになっており、中では様々な出し物が行われています。

詳しいイベント内容はこちらから↓
http://nippombashi.jp/festa/2017/event3.html

駐車場

日本橋ストリートフェスタ

カメラマンとしてイベントには車で行きたくなる気持ちは分かります。

しかし、この日の日本橋に車で向うのは正直オススメしません。

が、どうしても車でという方はこのあたりの駐車場が空いているかもしれません。

僕は毎年「木津地方卸売市場」に停めていました。

けっこう台数が停めれて他より安いので穴場です。

が!

今年からはZeppなんばが更衣室になり、なんばカーニバルモールがコスプレエリアになりますので、早めに行かないと停められないと思います。

ですので、今年は「黒門市場の東」か「通天閣の西」あたりが良いんじゃないかと思います。

休憩場所

カメコだってレイヤーだって腹は減る!

これだけの人が集まるイベントですので、お店はクソほどパンパンです。

レイヤーとカメコで溢れています。

ラーメン食ってるスパイダーマンとかが見れるので、それはそれで楽しいですが、自分なりに下見して穴場的なお店を見つけておきましょう。

初心者の方へ

日本橋ストリートフェスタ

初めてでどうして良いかわからない!と言う方へ。

礼儀と挨拶がしっかりできていれば大丈夫です!

どうしても現場のイメージが、、、

という方は下記の動画がおすすめです。

【日本橋ストリートフェスタ2017注意喚起動画 カメラマン編】

【日本橋ストリートフェスタ2017注意喚起動画 コスプレイヤー編】

現場で不安になったら、現場で慣れてそうなカメコに声をかけ助言をもらうのも良いかもしれません。

コスプレイヤーはレイヤー同士の繋がりがありますが、意外とカメコ同士はありません。

僕自身はカメコ同士の横のつながりが欲しいタイプですので、もし現場で不安になったらtwitterなんかで連絡いただければスグに飛んで行きます!

Yasaku(やさく)twitter @photowalking1

まとめ

普段からコスプレカメコをしている者にとっては、ちょっとした同窓会的なイベントです。
過去に撮らせてもらった久しぶりのレイヤーさんに挨拶をしたりします。

また日本全国、世界中からもレイヤーさんが訪れます。

いわゆる人気レイヤーさんの囲みを見れるのも、大型イベントならではです。

人酔必須ですが、風紀を守ってみんなで楽しみましょう!

【第13回日本橋ストリートフェスタ2017】http://nippombashi.jp/festa/2017/