ストフェス2017 参加後記

日本橋ストリートフェスタ

年に一度のストフェスが終わりました。

参加された、撮影させてくれた皆様ありがとうございました & お疲れ様でした!

ストフェス前に書いた記事↓を振り返りながら参加後記を書きたいと思います。

はじめてのストフェス(日本橋ストリートフェスタ)の歩き方
この記事は今回の「第13回日本橋ストリートフェスタ2017(以下、ストフェス)」と例年のストフェス経験をベースに、コスプレカメラマンとして書いた記事です...

変更点と実際

コスプレ撮影エリアの設置が今年から行われましたが、実際にはすべての場所で撮影が黙認されている状態でした。

囲みなどが多いと散らされることはありましたが、例年通り。

メインの撮影場所は堺筋のままで、なんばカーニバルモールは広くて取りやすい場所でしたが、あまり人はいませんでした。

また、すべての場所にプラスして撮影可能エリアが新たに追加され、時間が延長された状態です。

今までは堺筋のホコ天が規制解除されると、自然と「終わり」の雰囲気でしたが、時間が延長されていた分、ストフェス自体の終了時間が15時から17時くらいまで2時間ほど伸びていました。

撮影写真

来年の予想と対策

毎年毎年「一人くらいは死人出そう」なんて思うのですが、今年も思いました。

どこか統制の効く撮影場所が増えればいいな。

レイヤーさんとしては「zeppが案外狭くて順番待ちが酷かった」とのことですので、もう少し更衣室も増えるとありがたいですね。

個人的には、トイレが少なすぎると思いました。

お店に借りるのはちょっと気を使うので、南北に1ヶ所ずつ、男女それぞれ10台くらいお願いしたいです。

あいさつ

今回のストフェスで話しかけてくれたレイヤーさんとカメコさん、運営の方々、そして撮らせて頂いたレイヤーさん、改めてありがとうございました!

そして、お疲れ様でした!

来年も楽しみましょう!